イメージ 1
 
 
 
 
車検で 御預かりしてた[ PAN HEAD ] COPPERです。
 
 
オーナー O氏
この COPPERで 普段仕事(現場)に通ってるツワモノです
 
 
 
現場で 足を骨折してしまい
完治するまでの 3~4ヶ月 現場に置いたままで 不動に成ったといいます
 
 
 
 
各部 錆びだらけ・・
 
雨風に晒されてた感がします・・
 
車検取得の為の 整備を始めようと思ったら・・
 
 
ガソリンタンクのキャップが 開きません・・
 
錆び付いてます・・
 
嫌~な予感がします・・・・
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
タンクからは ガソリンに混じり 大量の錆び水が・・
 
キャブからも が・・
 
これはヤバそうやねと 腰上バラシ
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
ヘッド、シリンダー、クランクケース内には 水分、錆び等は 見られないっ
 
 
よかったねェ~
 
シリンダー ホーニングして、 ピストンリング交換かなんて 思ってたけど
 
 
 
リアの EXバルブ廻りのカーボンは 若干多い。
摺り合わせして ガイドシール打ち変えて OK なんて思ってたら・・
 
ミッションブリーザーから 乳白なオイルが・・
 
 
ん~・・結露かな? 開けよっか。
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
ありえない量の 水と乳白なオイルが・・・
 
 
う~ん・・・
 
参ったね こりゃ・・
 
 
 
 
 
アップし忘れてました H-D T/C88 FAT-BOY
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
こんな感じで 第1段 アップです
 
乗り易くなったと ご満悦
 
次なる予定は フロント ローダウンと タンク、ハンドル廻りですねっ
 
お待ち致しま~す
 
 
 
 
COLD TURKEY A.S  Kustom Psycho Works